なかなか行けない いや 行かない場所   

今回は海から 気分を変えて、、、、、 
 一部の業種の人しか行かない 場所 
、、地球の中、、、地下 1200メートル の世界、、、、

おそらく 多くの人には まったく 未知の世界で 興味もあまりない世界 
自分も 仕事でもない限り 訪れることもなく 知らなかった世界

Blg 07
数千キロ続く カナダの小麦地帯、、 
地平線から朝日出て 地平線に夕日が沈むとこ、、、
道も 定規で線を引いたように どこまでも まっ~~~~~~~すぐ 続く、、、  
一万メートル上空の飛行機から見える道も かすんで見えなくなるまで まっすぐ続く、、、
その地下に 広大な鉱山がある 
英語ではPotash 塩化カリウム 
大規模な農業では不可欠なものらしく 酸化した土地をアルカリに中和するという、 
日本から買い付けてる業者の視察に同行、、、、  


作業用の高速エレベーターに乗り 1200メートル地下へ  
Blg 003
空気は送風機で送られてるとは言え だんだん 下がってゆくにしたがって
もし 送風機が故障したら、、、、エレベーターが故障したら、、
、、、、しょうしょう不気味な感じ。

このあたり地上の気温は 冬場 マイナス40度を超え 
夏場は40度を超える気温
しかし 地下1200メートルは 年中 24度C 湿度は 乾燥というより 
ちょっと湿度を感じる程度かな それほど不快ではない。 

ちょっとした地下都市へ来た感じ
Blg 01
ここからは この車で、、、
なんと トヨタ製の見かけない車 ジープ(ランドクルーザー)の改造版だろう、、、。

Blg 005 
マスクはしない どうやら塩化カリは人体には害がないようである。
鉱脈の道は  くねくねに曲がり 地下1200メートルを なんと全長400キロ 
万一のため みんなひとりづつ ライトを持たされる、、、やっぱり、、、やばいかも、、、 
そんな 心配をよそに どんどん奥へ くもの巣というか 、、
出口探しの迷路パズルみたいな 鉱脈、、、、空気がほんとに届くのかな~~? 
しかも途中はすべて 闇の世界 ベルトコンベヤーの音だけが聞こえる 

なんで 迷路パズルみたいな 鉱脈かというと 
広く手前からどんどん削ってゆくと 落盤する 、、、
落盤しないように 細く掘ってゆくことで 残された部分が壁となり支える理屈。



Blg 02
40分ほど 走って作業中の採掘機が見える  
高さはと幅は この機械で掘るので 掘ったときは このサイズで道も壁も まっすぐだが 
地中の重さのため 空間が圧迫され じゅわじゅわと ゆがんでくる 
途中の道も壁もかなりゆがんでいる 
数年たつと この穴も完全にまた 埋まってしまうそうだ。
ひぇ~~~ 閉じ込められたら つぶされる~~~~! 


Blg 001 
この歯が回転して 削ってゆく
黄色の矢印のとこに 塩化カリウムの混じった鉱石らしい 独特の赤っぽい色が見える

Blg 002

不純物を選別する機械  
カナダの塩化カリウムの埋蔵量は いまのとこ ほぼ無限大というくらい
たくさんあるらしい ようは 掘り出すコストと市場価格のもんだい。

Blg 05

最近 カナダのマーケットなどでも 
ヒーリング用の道具を売ってる出店に あるある! 
なんと 地下1200メートルで見た 塩化カリウムだ~~ 
なめたらやっぱり 塩の味。 


世の中には いろんな仕事があり それぞれ大切だが
職場が地下1200メートルとは なかなかユニークな労働環境だ、、、、。


鉱山視察の同行の仕事は 一度で十分だったが 
、、、懲りずに なぜか  その翌年も行ってしまった。 


こういう視察は 専門家同士なので 
素人が あまり通訳をする必要がない 
説明は安全確認事項を伝えるくらい、
身振り手振りで みな大体理解している、、、
わかってないのは自分だけで 説明のたびに 
へ~~~ ほ~~~ と感心してるのも 自分だけ、、、
、、おかげさまで 、、、いい勉強になりました (*- -)ペコリ 。



、、、、、、★、、、、、、
スポンサーサイト
プロフィール

はぐれ雲 ys

Author:はぐれ雲 ys
風の吹くまま 
気の向くままに、、、 

カナダの海 世界の海 
アラスカ、 カナダ の自然
日々の人々の暮らしなどを
紹介します
e-mail
ys11kaze@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Web page translation
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる