スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーリング2013 おしゃれなマリーナを尋ねて、、

夏ですね〜! 海の季節 

今回のセーリングは 自然派から雰囲気を変え 
Sidney ,Oak bay、 Victoria、などバンクーバー島南部のマリーナへ碇泊し 
おしゃれな港巡りを中心に自然(N,Park portland is.)をすこしだけ回ってきました。

まずは ヨットチャーターベースがある センスのいい おしゃれな Sidney マリーナをベースに、、、、 
今回の案内のためにレンタルしたヨットは Gib Sea 37フィート、 すでにアメリカ製フランス製ドイツ製のヨットなど50艇以上は借りてきたけど 今回のGibSeaというメーカーは始めて システムを把握するのに 少々時間がかかる。
ヨットは帆や碇やエンジンなど操船のシステム以外に家が動いてるようなものなので 排水給水 トイレ 電源 料理用ガスの安全装置など それぞれの国民性の違いや設計者で配置もシステムも違ってくる。
IMG_4334.jpg



なんとも のんびり いい雰囲気の夕暮れ時、、、、、
IMG_4331.jpg



IMG_4102 v
半島の南端を周り 次の目的地は、、、Victoria   この辺りは浅瀬も多く 海流の速度も早く 時間を間違えると
流され座礁 または 逆流でまったく進めないことになる。 



ビクトリアへ
行き慣れた Victoria も 港から入るとまた その良さを再確認します。
あらゆる乗り物 (タグボート ぽんぽん舟 フエリー 水上飛行機となんでもあり 
、、、) それぞれがルールを守り 共存し すべてが調和してる港からの風景。
車やバスで訪れる ビクトリアとは 大きく違った印象を受る。
IMG_4131.jpg
碇泊予定のビクトリアマリーナへ 、、、、
日本から太平洋を40日ほどかけてやってくるヨットも入国税関のあるこのマリーナへよく入ってきます。


IMG_4113.jpg
水上ハウスも見え ライススタイルの違いをみることができる。


IMG_4169 vi
水上飛行機も目の前にどんどん着水し、、 水上タクシー、、、タグボート、、フエリー、、が行き交い
賑やかな入港シーンとなります。
、、あちこち注意し ぶつからないように操船しながらの撮影(x_x;) 
 

IMG_0400 vv
無事に入港 ドッキング完了!  アメリア船籍の船がたくさん碇泊している。
過去に ここから世界の海へ出て行くヨットにも多く出会いました。
余談
人口の割りに 世界の海を何年もかけて回ってるカナダ人セーラーがたくさんいます。
それも 大きな船で回ってるのではなく 小型のヨットの人たちもたくさんいて 
庶民が切り詰めるとこを 切り詰め 永い旅に出かけていきます。
幼い子供達を連れ世界を回る(通常15才以上になると親とは行動したくなくなる)
カナダ伝統ファミリーアドベンチャータイプの人たちも多く見かけます。
これを 日本では子供は親の我がままのため犠牲になると 考える人もいますが 
狭い船内での共同生活の中で協力しあうことを覚え 
各地で多くの体験をし子供たちも大きく成長してゆきます。
旅の間は子供たちの勉強も学校からもらったカリキュラムに合わせて親がちゃんと教えます。
多くのセーラーは記録に挑戦してる訳ではなく ヨットを旅の道具&住まいとして使っています。
気に入った国があれば 長期滞在し子供たちも地元の学校に通ったりします。
世界を旅するバックパッカーの比率も非常に多い国、、きっと旅好きな国民性なのでしょう。


IMG_4164.jpg
昼間の風景 


そして
IMG_4206.jpg
夜の風景 やっぱりおしゃれ!


桟橋から見える夜景
IMG_4209.jpg




多くのばあい 旅はより早く より快適に 目的地へたどり着こうとしますが そこに大きな落とし穴があり 
ビジネスを目的に移動する場合とちがい 旅はその過程 風情を楽しむもので

より早く 快適に 行けばいいのではなく どういう方法で行くかが その良さをより感じる とても大切な要素だということです。

山へゴンドラやヘリコプターで上がれば 簡単 でも 時間をかけ 一歩一歩 歩いて登ったあとに見る景色と そこで 食べる おにぎりのうまさに勝るものは なかなかない、、、旅にはこれとちょっと似たとこがあります。

クロアチアの港町も 港からの入港は とても風情がありました。
ギリシャもイタリアも港町は 海から訪れると 旅の魅力を何倍にもしてくれます。


うちの田舎 平戸の町もいまは橋ができ みなバスや車で訪れるますが 
船で入ると 、、、徐々に、、
漁船が見え 城が見え 武家屋敷が見え そしてお寺と教会が真ん中に見え入港、、、
、、この町の魅力をより感じることができ、、 
400年以上も前に ポルトガル イギリス、、から 黄金の国 ジパングを目指し 
命がけで帆船に乗りやって来た船乗り達の気持ちをすこしだけでも共感することができる。

、、、、もともと 港町の正面玄関口は港ですからね。


次はOak Bay マリーナへ 
人なつこいアザラシがマリーナへ、、、
IMG_0410 - バージョン 2 g


時々 広い海の真ん中でも こうやって休んでることがあります。
アザラシの尾というか 足を見ると 歩かないのになんの役に立つのか まだ 爪がしっかり退化せずに残っている。
IMG_4232.jpg




カワウソもデッキで一休み、、、
IMG_4238 - バージョン 2
5メートルほどに近づくと ちゃんと逃げて海へ入ります。 
人に慣れてるとは言え、、、みな野生です。 



海洋国立公園の一つ 一周2時間ほどの Portlanad island 碇泊  
IMG_4305.jpg
この日は 南のPrincess Bay に碇を降ろして 碇泊 


IMG_4312 - バージョン 2
早速 ラクーンが見物にきた!


そして 何時のように アザラシは入り江の岩場でのんびり いい気分、、。
IMG_4317.jpg



上陸し 島の探検 ハイキング。IMG_4310.jpg





一本の碇だけで碇泊すると 風や回遊で方向がいろいろ代わり 景色が変わる回転レストランの気分。
とっても 贅沢な碇泊方法です。
IMG_4248.jpg



通常 夕日を見にいっても 落ちると皆帰るけど 北国の夕日は落ちてから1時間 たっぷり色の変化を楽しめる
IMG_4290.jpg



日が暮れて星空に変わるまでを トワイライトといい 
カナダのセーリングクルースのいちばん優雅で贅沢な時間!
IMG_4286.jpg

通常 夕暮れ時から 翌日の午前10時ころまでは こんな感じで海も静か。
ぷかぷか ゆりかご気分でみな熟睡してくれます。




IMG_4343 v
ベースのSidny マリーナへ 戻り 帰りの準備、、、


IMG_4349 vi
港町 Sidney らしい 置物でした。



ヨットは自然を相手に変化する風や海流を利用して移動するので 悪天候では予定どうりいかないことも多々あり
いつも 次のプランを考えながら 移動。  
安全確保のためには ときに目的地を諦め予定を変更する勇気が必要となります。

今回は雨模様の天候でしたが  
、、、皆さん それぞれに 楽しんでくれたことを願って!!!







、、、、、、、、、2013年 夏
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

はぐれ雲 ys

Author:はぐれ雲 ys
風の吹くまま 
気の向くままに、、、 

カナダの海 世界の海 
アラスカ、 カナダ の自然
日々の人々の暮らしなどを
紹介します
e-mail
ys11kaze@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Web page translation
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。