スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアテマラ 1 出発

カナダから 南へ向かって、、、、、



普段 旅の企画案内 自然への案内 撮影場所の案内、、、人を案内することが 
仕事でありながら  自分のための旅をする機会が意外と少ない。

自分のために旅をすることはもちろん好きだし、、人を案内することも同じように好きだ。




選択、、
人生の選択の時 、、自分の判断の決め手は 
やらなかったことを後悔するより やっていろんな失敗をしたほうが 少なくとも学べることが多い。
いったい 何を捨て(諦め) 何を選択するか、、、そう問いかけると躊躇してる自分にとっての答えは出てくる。
天災 事故、、、etc etc 、、、実際 明日のことさえ誰にもわからない。

あるセミナーで印象に残った 一枚の写真と言葉
786 - コピー_2


、、、、、という訳で 自分なりの理由(言い訳)を見つけて、、 永年 試してみたいと思いながら 
なかなか 踏み切れなかった スペイン語の学習と マヤの人々の暮らしに触れる、、この2点を主な目的に
1月の中旬から 3ヶ月の予定で 久々のバックパツカー ひとり旅へ、、、。 


原則、、
旅でも 安全と快適は金で買う 、、という原則がある、、、 
普段仕事では 参加した人たちの安全性、快適さ、体力、趣向にできるだけ合わせて中高級な宿に泊ることが多い。


しかし 金に頼れば頼るほど 庶民の人情や 人々の暮らしの雰囲気から遠ざかることが多々ある。 
どこに そのラインを引くかは その地区の治安や
それぞれの 個性 体力 経験にもよる。


例、、 
簡単な例として 外国人が 東京見物に来て ヒルトンやハヤットなどの一流ホテルに泊って 
ホテル内で食事をし はとバスで観光をすれば 最も安全で効率的で快適である。

その反対に、、、下町の民宿に滞在し 
地下鉄と足で 町を歩いて 八百屋や魚屋を見て 地元の人たちと並んで
ラーメンや焼き鳥や定食屋でアジの開き定食なんて食べると 庶民の味や生活により触れることができる。

どちらにも それなりの良さがあるが

、、、今回はどこまで 自分なりに地元の雰囲気へ近づけるかを目標に、、後者の選択。



永年 旅やテレビ番組の撮影場所を案内をしてきて 感じる事、、
同じ風景のなかに立っても 100人いると100通りの違った感性ファインダーで見て感じている、、、


今回は 私個人のファインダーで見て勝手に感じたことを 7回ほどに分けて 紹介してみよう

、、、と、、第一回目の 始まり 始まり、、、。   



下調べ、、
まずは 最近の国の事情の下調べ、、、、
外務省の旅サイトを見ると 、、、危険な話が次から次にたくさん出てる
メキシコシテイーでは スリ ひったくり 強盗が日常茶飯事で 地下鉄など 
旅行者は避けるように、、、という情報がでてくる。 

その先のグアテマラなど もっとひどい
北米大陸で一番治安の悪いグアテマラ ここも殺人 強盗が日常だと 
書いてある、、、、、。



さてさて そんな情報もちゃんと頭に入れて 
Vancouverを出発 飛行機はサンフランシスコで乗りかえ メキシコシティーへ 

3620777080_d4a89c45cd_o - ??? (2)

それぞれの州によって 色分けしてある地図 
メキシコ最大の都市であり、2010年の近郊を含む都市地域の人口は1,869万人
標高2240メートル 緯度的には南国だが 早朝は 10度くらいだろうか かなり寒く感じる。

メキシコへは3度目だが いずれも短期で、、大都市 メキシコシテイーは初めて 
田舎町での移動は比較的シンプルだが 大都市は交通手段をよく知らないと どこの国も移動はなかなか難しい。
空港からのタクシーも強盗など多く要注意という最近の情報、、、
明け方5時に到着、、まだ静かな空港内から 地下鉄の駅へ歩いて向かう、、
最初の目的地 オアハカまで行く バスに乗るためだ、、。

始めにトラブルにあうと 先々精神的に勢いがなくなるので 自分なりに警戒しながら
地下鉄の駅へ 、、
早めの通勤の時間帯、、、特に荷物をしょってる時は目立つのでスリ ひったくりなどには 警戒しながら、、地下鉄を乗り次いで セントラルバスステーションへ

寝不足でもあり スペイン語がほとんど皆無に近い状態なので 自分なりに緊張感はかなり高い。
知ってる言葉は 数字100までと 地下鉄はどこですか? くらいしか使えない。


空港のカウンターや 観光案内所では英語が通じることもあるが そのほかは ほとんど期待できない、、、。
大きなバスターミナルも 英語が通じる人もほんの一部いるが そうでないことが多い。
(有名リゾート地のカンクーンやロスカボスなどでは 英語がかなり通じる)

メキシコでは 鉄道ではなく バスがメキシコシテ全土を網羅していて 
バスターミナルの規模もちょうど東京駅みたいな感じで大きい 





Bus

近代的で 綺麗なバスターミナル 真ん中がフードコート 
スペイン語もどきで バスの予約を無事完了し まずは 朝食

Mex 009
メキシコの味に 久々にメキシコへ来たな~~と 舌で実感!


一人旅で面倒なのが荷物、 トイレに行くにも オーダーした食事ができて 取りにゆくにも
荷物をまた全部担いで取りに行く。。。これは結構大変。



a 02 Mex 019
 サボテンが育つ乾燥した風景を約6時間 バスで走ると 古都オアハカへ 



Mex 018
カナダや日本の常識からすると 明らかに積載オーバーのトラックが高速で走る。
ラテン系の国らしいな~~~と 思う風景。



m o

有名な観光地らしい、、、日本でいうと 京都みたいな感じかな、、、と想像しながら、、、
眠気を押さえて 途中の風景を眺めオアハカへ、、、




街情報より、、
観光を最大の産業とし、コロニアル様式の歴史地区及びサポテカやミシュテカなどの先住民族文化を観光資源とする
 オアハカ州の先住民族の割合は約40%で、これはメキシコ全体における割合の約15%と比較しても非常に高い数値である。サポテカ、ミシュテカの他、アステカも多い。オアハカ郊外には彼らのコミュニティがいくつもあり、曜日ごとに違う場所で開かれるメルカド(市場のこと)にはたくさんの先住民族が集まる。



049.jpg 
オアハカ中心部の街並 もちろん街全体がこんな感じではないが 
世界遺産の教会があり観光地の中心地でこぎれいな感じ。 



051_2.jpg

メキシコカラーのお土産 



Mex 059
ソカロと呼ばれる 中央広場まえの教会 毎晩にぎやか、、、
こういう場所でベンチにのんびりすわっていると 地元のどかな雰囲気が伝わる、、。



Mex 047
ソカロの音楽ステージ 

*動画再生後は 関連映像を再生せず そのまま下へ 進んでください。


言葉も食べ物も人種も異国を感じる要素だが 音楽もさらに異国情緒を盛り上げてくれる。



Mex 031
オアハカ人気の大型市場 この肉屋で好きな肉を頼むと焼いてくれる。



 
焼き肉屋の煙と 雑踏と音楽 ここまでくるとメキシコらしい雰囲気いっぱい 、、、、、
この直後 目の前を 店の人が ラドロン!(泥棒)と叫びながら 逃げる人を 追いかけて行った、、、
さらに 気分がメキシカン!!!、、、
、、自分が 盗まれないようにしないといけないけど 
カナダでも日本でも お店のこそドロはいるしね。


015.jpg

モーレ という チョコレート原料のカカオとメキシコ産唐辛子を燻製し、
トマト・玉ねぎなど他たくさんの野菜を一日かけて煮込んだソース。
タコスのソースとしても、
蒸した鶏肉にかける『モレ・ポブラーノ(モーレ)』は
メキシコ全土で食べられる有名な料理です。
これはそれを味噌のように固めたもの。
Mex K 04 DF 011
チョコレートと赤みそをMixしたような 濃厚な味 不思議な味だが 結構いける 
慣れると やみつきになるのかも、、蒸した鶏肉にからめて食べる。



014.jpg
メキシコ料理の基本となる 素材 Chile チレ 






オアハカ名物のチーズ モッアレラチーズに似ている




Mex 035


そのチーズを使って 上の焼き肉とアボカドを乗せた料理。下の茶色は定番 つぶした煮豆


001.jpg
ここは 始めに泊った 好評のバックパッカー宿 みな食事しながら  情報交換、、、、
メキシコの代表的な 観光地ということもあり バックパッカーの数も多い。  

受付は宿も英語が通じる、、、。 数泊して 疲れもすこしとれ さて 南へ 移動、、。


map sc
オアハカOaxaca から メキシコでも 最も貧しく もっとも危険と言われる (外務省のサイトも同じ内容)、、
チアパスChipas 州の 古都 サンクリストバル デル カサス San Cristobal Del casas という 長い名前の街へ、、、
昼間 ゆっくり景色みながら移動したいけど 夜行バスしか見あたらない、、、
旅の始めは 安全策で 一等の夜行バス 10時間 移動、、、ゆっくり眠れるかと 思っていたけど
道がくねくねで けっこう横揺れ、、 寝たような寝てないような、、、
早朝5時頃に到着

最近はネットの発達で たいていの安宿は予約サイトがあり 
書き込みなどの 評判を元に とりあえず2泊ほど予約をいれてゆく、、気に入らなければ
その間に探せばいい。 便利で楽で安心な世の中になったものだ~~~。


San C 001
バス停を出て 安全かな?~~と 様子を伺いながら広場まで 薄暗い早朝 歩いて20数分、、、店もまだ ほとんど開いてない、、 
その地域の安全度が わかるまで緊張度は高い カメラなど狙われやすものは 見えないように、、
財布は二つ スリ対策に どちらも紐が着いていて 一つはスボンの内側 パスポートも内側 
ズボンを盗まれない限り 一応大丈夫、、、地図はできるだけ開かず 知ってる場所のように歩く、、、
身ぐるみはがれたら無意味だが 、、 まぁ、、できる準備は一応して、、、





San C 003
早朝のソカロと呼ばれる 広場へ、、、宿もまだ 空いてないし、、、しばらく この辺りで のんびり、、、
拍子抜けするくらい 雰囲気は平和で 危険な感じがしない、、、、。
北米大都市のバス停の周りのほうが 遥かに危ない感じだ、、、、。

今回の荷物はこれだけ、、35リッターのバッグに薄手の寝袋と蚊帳をサイドに付け 手持ちのちいさなバッグは
11インチのパソコンと地図や本 簡単な食料のお菓子やパンが入る。
とにかく 荷物をもったまま走れる& 長い距離を歩ける量と決めて 
着るものは 物価の安い国だし 足りなければ 買えばいい、、
実際旅の間に必要なものは ほとんど売ってるので
これでも 多いくらいかもしれない。 
靴は 今回 Keenのサンダル 一つだけ これなら走れる。


San C 009
朝 予定の宿へ向かって、、、、石畳を、、、好きな雰囲気の街並
犬や猫は その土地の人々の気持ちが反映する、、、
おびえてるか  吠えまくるか、、、警戒心がなくのんびりしてるか、、、ここは 後者のようだ。


San C 011
10時ころになると 人通りも増えてくる、、、、オアハカほど有名な観光地では ないけど 
そこそこに 観光客もいる、、、

さて 前評判の貧しく危険なチアパス州、、、、サンクリストバル、、、、
宿の人に どこへいったら危険か? 、、、など 質問する。。。。
宿の主人はこの街に10年ほど住む イタリア人とベルギー人のカップル

、、、、危険なとこなんて この街には どこにもないよ、、、という 答え、、、、

確かに どこを歩いても 危険な感じがしない、、、、
ただただ のんびりした 平和な雰囲気だ、、、。




ひろば
広場の前も人がでてきて  にぎやかな雰囲気 マヤの人たちがお土産を売ってる
そして気がつくのは 地元メキシコ人の観光客が多いことだ、、、、大型バスで一流ホテルを泊まりあるくタイプの
団体観光客の姿をほとんど見かけない 4スター5スターの一流ホテルももちろん見当たらない。。。


資料より
この地域には数千年前からマヤ族のツォツィルとツェルタルの人々が暮らしてきたが、 1528年、スペインからのコンキスタドールの侵略を受ける。

人口17万 標高2200メートル 

宿では夜中 10度以下になってる感じで 薄い寝袋に毛布を掛けて寝る。
昼間の気候は暖かく 太陽がいっぱい とても快適。 


ぱん
日本にもある メロンパンとおなじだ~~ と 感心、、、。
多分 スペイン ポルトガルあたりが 元祖かな?。



ぱん
パン屋の お菓子類、、、。それなりにうまい。


市場
さっそく 好きな市場を探検、、、鶏が多い 当然卵も安い、、果物を野菜も豊富。



とり 市場
この街には 物乞いの人がいない 子供たちもみな なんらかの仕事をしながら 
がんばってる。
むしろ 吾が街 バンクーバーのほうが 物乞いの若者20代を多く見かける。



市場 衣装
マヤの人たちは それぞれ村や町によって 民族衣装が違い カラフルでとても美しい。




shoe
少年たちの多くが 靴磨きをしてる。
子供たちの表情にも 悲愴感はない あたりまえのように 働いている。



San C 057
この町では おじさんは 風船売り 女性はマヤの織物を売ってる姿をよく見かけた 
強気の押し売りはしてこない  のんびりした感じのなかで すごせる、、、、。  



San C 079

この町には 7日間 滞在したが この日は お祭りで 普段よりみな おしゃれをしていた。


San C 130





教会の祭事かな、、、、普段の10倍ほど人がいる。
すこし遠くの村からも 来てるのか 普段見かけない民族衣装の人もいる。


ギター
マリアッチ



San C 126
袋には 子供が入っている それぞれの国で子供のしょい方が違うのも おもしろい。
一枚の布に子供を器用に巻いている。



San C 2 019

7日間 ほとんど毎日この広場にやってきて 人々の様子をゆっくり眺めていた、、、、。





週末は 広場の音楽堂でマリンバ演奏、、、。
のんびり平和な 時間が流れてゆく。



San C 117
きょうは ちゃんと売れたかな~? がんばれ~ 



少女

メキシコでも一番危険で貧しいと言われる?チアパス州 その州にあるサンクリストバル 、、
治安もよくて 落ち着いた気持ちになれる町 石畳の歩道が気持ちいい。。

一週間滞在したこの町の広場、、、よく見かけた子で 下がおばあちゃんのようです。メキシコ人が観光にくるようで 彼らが結構 買ってましたね。しばらく歩きまわって売ってたけど、、夕暮れ時の休憩時間、、


しばらく この子のそばにすわって 夕日と人々の様子を眺めていた、、、
高地だから 夕方になると かなり気温が下がるのでこの明かりのとこが
すこしだけ暖かくなる このあとこの子は素足になって明かりで足を暖めるように心の中で遊んでいた。 


旅の前半では 荷物になるので ひもを一つだけ買って 
のど飴をもってたので 食べるって? あげたら
ちゃんと グラシアスって、、恥ずかしそうに でも 丁寧な返事、、、。  
もうすこし 話ができたらと思うが いまはこれが精一杯だ。

この紐は 旅のお守り代わりに バックパックに付けて、、、。


年齢的には 7、8歳くらいかな~~ 
友達と遊びたい盛りの年齢だけど それぞれの運命のもとに 子供なりに懸命に生きてるな~



San C 2 010
一週間も同じ小規模の町にいると どこに何が売ってるか、 どこへ行くとのんびりできるとか わかってきて
精神的にも楽になってくる。 
だんだん 離れるのがおっくうになってくる頃でもある、、、



ちづ
chiapas チアパス州から いよいよ目的地のグアテマラへ 移動の日
スペイン語の学校へ申し込んでるので それまでには たどり着かないと、、、、。



 出発
出発の朝、、、、
ローカルバスを乗り継いで 国境越えをすることもできるが バックパッカーの情報でもあまり勧めていないのでここは 安全策で、、、
早朝 ツーリスト用の 小型バスでグアテマラ国境まで そして その逆にグアテマラからメキシコへ入る人たちを乗せたバスと合流し 国境で乗り換えという 段取りのようだ。
時間にいい加減なラテン系の国、、、そんなに段取り通りうまく 行くのか???

世界中の旅人15人を乗せ満席で南へ、、、
約4時間で 国境へ着く、、、


旅情報では 国境付近は強盗も多くバスごと襲われることもあり かなり危険とも書いてあるが、、、 
どんな 国境か、、、ちょっと どきどき わくわく 興味津々。

 
続く、、、、、、、、、
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

kmujyh@gmail.com

I wanted to create you the little word to be able to thank you once again about the breathtaking suggestions you've documented on this site. It has been quite shockingly open-handed of people like you giving extensively what exactly a few people would've marketed as an ebook to earn some dough on their own, primarily considering that you might well have done it in the event you desired. Those good ideas also acted to be a easy way to recognize that other people have similar interest the same as mine to see somewhat more regarding this matter. I believe there are several more pleasant situations in the future for individuals who go through your blog.
Cheap Snapback Hats http://www.mini-systemsinc.com/y_to_k.asp
プロフィール

はぐれ雲 ys

Author:はぐれ雲 ys
風の吹くまま 
気の向くままに、、、 

カナダの海 世界の海 
アラスカ、 カナダ の自然
日々の人々の暮らしなどを
紹介します
e-mail
ys11kaze@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Web page translation
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。