スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sea Kayak

Sea Kayak の旅 の魅力


IMG_0031 sk
Desolation Sound  (デソレーション サウンド)5月の風景。




バンクーバーから フェリーを乗り継いで北へ  
Sail De 05 09 217 1
Desolation Sound と言われる 氷河期に巨大な氷河の移動で削られた地形。
セーリングでもよく訪れるところだ。



深い入り江の中は 風が止まると鏡のような海面になる 
そこをアメンボーのように すいすいと海面を移動してゆく。
IMG_0025 sk 

海面全体が ぷよ~ん ぷよ~んと まるで巨大なゼリーの上を移動してるような気分になる



氷河の移動で削られた地形  壁のすぐそばですでに水深数百メートルのところも多い。
IMG_0029 sk



風が吹けば セーラーとしては もちろん風の恩恵をうけて進む快適な移動。
暑いときは 日傘替わりにもなり 雨が降れば傘、、、と 多目的利用。
IMG_0033 sk
この辺りは干満の差が大きく 海流も早い もちろん海流も利用し移動する。
小さなkayakは 自然には逆らえないし 決して戦うものでもない 
自然の恩恵を最大に受けて移動する。 
自然の変化に敏感になり 自然の成り立ちをよく理解しようという気持ちが出てくる。




海の幸
IMG_0030 sk
自然の恵みは 風や海流だけではない 我々が生きるために不可欠な食料を提供してくれる。



雲丹
IMG_0026 sk
海流が早いところには海藻がよく育つ その海藻を好んで食べる雲丹が育つ 
その雲丹を食べる底魚が育つ 

川の水が流れこんでるところには 山の栄養分をたっぷり得て 貝類がよく育つ。

、、、そんな あたりまえで 普段はまったく気がつかない自然のサイクルや仕組みを感じることになる。


そして 我々人間がこの自然の恵みを獲るときも 自然サイクルのバランスの範囲でないといけない
人はより多くのものを得ようとし さらに 早いものが勝ち 先に獲ったほうが勝ち、、という発想になる
しかし 自然のサイクルに人が支えられてることを忘れてしまうと
やがて そのバランスが崩れ 我々人間自身が自滅する。 



魚を食べて育つ アザラシもよく見かける。 つまり 魚がある程度いないと このアザラシも生存できない。
魚を乱獲し 獲り尽くすということは アザラシの生命も断つということになる。 
逆にいうと アザラシがある程度いるということは それを支えるだけの魚が生存してるということだ。
c12 a17 08 7 Sd Sail 1431



カナダ西海岸のような ほとんどが針葉樹林の森の中で水を探すには
水分の多い場所を好む白樺系の落葉樹を探すといい。森を眺めると真水が流れこんでる場所がわかる。



キャンプ地、、 と言っても ここは国立公園でもなく 何の設備も規制もない 
ただ そのままの自然があるだけだ あとは快適に過ごすための工夫と 
次に訪れる人のために ノートレースキャンピングという そこに人がいたことがわからないように
元のままの自然に戻して去る、、 可能な限り、、 立つ鳥あとを濁さず の心だ。
IMG_0002 skk
雨 風をよけるためのテントをはる。
流木をあつめ火をおこす、 海の幸の貝や魚を焼いて食べる。
水は川へとりにゆく ついでに水浴びをしてくる。

人が生きるために最低必要なものがここにはある。

、、、、、それ以上 何が 必要なんだろうとさえ感じてしまう。




仲間 、、、そう もうひとつ 大切なのが そんな貴重な時間や楽しさを共有する仲間だ 
それによって 不安が半分になり 喜びが倍増する。
IMG_0027 sk





、、、同じ 海を体験するにも 

風や海流など ほとんど無視して移動できる大型エンジンのクルーザーで来て 
この海や自然を見ることもできる  その選択は人それぞれだ。 

風を利用して移動するヨットは天候の変化にたいして 非常に敏感になる 
その判断を間違うと 命を落とすことにもなる。
 
そして 広い海では木の葉のように小さなSea Kayakでは 
全身で自然の変化と厳しさと恩恵を受け
人が自然を支配してるのでなく 人は自然の一部であることをより理解させてくれる。 


あらゆる旅で 言えることだが 
いつ どこへ行くかということも重要なポイントだが 
どういう方法 手段で 行くかということで 同じ場所でありながら 
その風景も自然も 感じ方が大きく違ってくる。


 
 





スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

はぐれ雲 ys

Author:はぐれ雲 ys
風の吹くまま 
気の向くままに、、、 

カナダの海 世界の海 
アラスカ、 カナダ の自然
日々の人々の暮らしなどを
紹介します
e-mail
ys11kaze@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Web page translation
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。